自転車よ、ありがとう!

(2019.10.29)


毎週火曜の朝は5時起きで、

6時半前には家を出なければならない。

私は早起きはとても苦手。

起きてからも30分は目が覚めるまで必要で、

コーヒー淹れて、パソコンひらいて、コーヒー飲んで。

30分すぐ経過。

それから、いきなり色々焦りはじめる。

あっ、子どもの水筒洗ってなかった、とか、

猫がミャーミャーしつこく餌くれーってきたり、

あったはずの電車の回数券が急に見当たらなくて、探さなきゃならなくなったり、持っていかなければならない物を急に思い出したり。

今日は雨が降っているから、自転車もそんなにとばせないから、いつもより5分早く出ようと思っていたけど、サドルをふくタオルをとりにいったりして結局いつも通り。

で、走りだして電動自転車のパワーが残り18で点滅していることに気付く。

うそやろー⁉!!!ってパニくりながら、

とにかくこぐ。

山の上にある駅まではずっと登り、途中からは長くて急なSカーブの坂道で、

この時点でパワーはいっきに一桁に。まだ坂の中腹。

9、8、7、とみるみるうちに充電数値はどんどん下がる。

え〜!!!どうしたらいいん???電車間に合わんやん!自転車乗り捨てて走る?通りがかった車をヒッチハイク??とか、わけがわからなくなりながら、

とっさに自転車に

「がんばれ、がんばれ、がんばれ…」って、声にだして話しかけながらこいだ。

そしたら、パワー7から下がらなくなって、山を登りきったところで6になった。

電車、間に合った。

駅の階段降りるとき、ひざがいきなりガクッてなって、こけそうになった。

手すりにすがって、そろりそろり降りる。漫画みたい。

「これがひざがガクガクするっていう状態なんやな。」と冷静に納得。



雨の中、深緑のカッパきて、呪文をとなえながらいろいろ振り乱して必死で自転車こいでるひと。

見かけた人は完全に「あの人なんかヤバイな…」ってなる光景。

こういう状況に、私はよくおちいる。

なんで前もってちゃんと準備できないのか。

と自分をといつめ、ああしとけばこうはならなかった、という後悔にさいなまれ、次は失敗しないようにしよう、と次への教訓にしたつもりでも、また同じような状況におちいる。

もう

呪文、効いたんかも!

自転車よ、ありがとう!

でいいんかな。

ついでに、

仕事に遅刻するかも!!

って思ったけど、

ちゃんと間に合いそうで、

もう、それだけで

私 今日、いいことあったやん。

でいいんかな。






最新記事

すべて表示

自業自得