自分を過小評価しない。

「地上での働き」の文章は、中村さんの訃報ニュースが流れた日に書いたものを、このブログにもう一度のせたもの。

今も、パソコンをひらくと、中村さんのことがたくさんたくさん伝えられている。 

今頃は中村さんの棺は、アフガンと日本の間の大空を飛んでいるのかな。

悲しさとか怒りとかとは違う気持ちが内側を渦巻いている。

中村哲医師がこの世界にはもう存在しないのだ、という そのことに、唖然とする。

そういう気持ち。

自分が尊敬する人、自分が偉大だと思う人が、この世界から目に見える形ではいなくなってしまった時、世界が震撼する感覚があるのは、自分の”大丈夫”が揺らぐからだろう。

それは ”自分の世界の大丈夫”を 誰かに任せていた、そういうことかもしれないな。

世界中の人が、

自分という人間を過小評価しない。


なんか、このことが、だいじな気がする。

最新記事

すべて表示

自業自得