人が生活しているということが放つ光

線路がちょっと高いところにある電車から、

夕方と夜の境目くらいにぼーっと外を眺めていると、

電気がつきはじめた家々やアパートやマンションの部屋が見える。

この光景を見るたびに、

私の心の奥のほうの何かが、ずんとする。

目の奥が、きゅーっとなる。



何かの記憶かもしれないし、

いつかみた映画でそんなシーンがあったのかもしれないし、

なんでなのかはわからないのだけれども。



人が生活しているということが放つ光は、

なんでこんなにも、むねにせまるのか。




なんだかんだあるけど、

みんな毎日、一生懸命生きてるんやよなあ

って、思う。






マンションやアパートが透明だったら、

というのも、よく想像する。

アート作品の構想として、めちゃくちゃおもしろいだろう。

とか。


透明じゃないから、

マンションやアパートは成り立っているのだということが、

私にはとても感慨深い。


「赤の他人同士が、あんなに密接して日々暮らしてるなんて、

すごいことじゃない!!!??」

って、熱を込めて誰かに話したことがあったけど、

あんまり、私の熱を理解してもらえなかった。









最新記事

すべて表示

自業自得