5度目の正直。

昨年は本の絵を描くことになって、春夏秋の何ヶ月かはそのことが最優先事項で、いろいろと要領の悪い私の日々はもっとすっちゃかめっちゃかになって、ここに何かを書く余裕もなかったのだけども、時々なにか思い立って書き始めたことは何度かあった。


他にすることいっぱいあるはずなのに、1時間以上かかって何かを書いていたのだけども、なぜか突然画面がかたまって、ネットワークの問題で保存がうまくいかないので再読み込みしてくださいというエラー表示がでて、指示通り再読み込みすると、書いてた文章丸々ぜんぶが消えてしまった。

自動保存機能というものがあり、数秒おきに「保存中」というところが、ちゃんと作動してますよという感じで動くので、本来なら逐一勝手に保存されているはずなので、最後の一行は保存できなかったとしてもちょっと前までの文章があるはずなのに、サイト内をさがしまくっても、文章丸々がどこにも見当たらない。


私のこの数時間はなんだったのだ、、としばし愕然となる。

愕然として、でももういちど思い出してはじめから書こうなんていう気力はないし、ああこれはきっと神さまかなんかが、こんなどうでもいいこと書かんでよろしい!やらなあかんことやりなはれ!!と言ってるんやな、と思うことにして忘れることにした。


忘れるからまた数週間後に何かおもいたって書き始めてまた1時間ほど没頭して書いて、そしたら急にエラー表示がバーンとでて、え、ってなってそのまま再読み込みしてくださいの指示にしたがったら全部なくなる。という現象がまたおきた。しばしまた愕然として、そういえば前もこんなことあったなと消えてしまってから思い出して、また書かんでよろしサインと思うことにして忘れることにする。という感じの繰り返しでかれこれ3回ほど消えた。


そして、数日前、またふと書きたくなって、クリスマスは大変だ、我が家はドイツのクリスマス行事も関係してくるから大変さ10倍、、、、、その上子どもの誕生日が12月だから12月はもうわけがわからない、、、。というようなことを1時間くらいかかって書いてたら、またでた、エラー。


ここで指示通り再読み込みしたらこの文章まるまる消えるっていうことを今回は思い出したので、指示には従わず、書きかけの文章がかたまって画面がグレーになってそのうえに大きな四角のなかにエラーの表示がバーンと出てる画面のスクリーンショット撮って、今回はHPの運営会社のカスタマーセンターに問合せした。

こちらの電話番号をチャットで知らせて電話を待つというシステム。

10分くらいしてかかってきた。

オペレーターの人は、いわゆるコールセンターのマニュアル通りの話し方ではなくて、普通の話し方の女性。外国の企業だとこんな感じなんだろう。至って真面目な感じ。

で、私は、書いた文章が消える現象のことを説明したのだけれども、エラーの詳細に書いてある通り「ネットワークの問題で保存がうまくいかなかったことが考えられます」と言われた。


それはそう書いてあるからそうなのかもだろうけども、過去におんなじことが3回もおこって、3回とも指示に従ったら文章が全部消えてしまって、自動保存機能が機能してるのに、文章まるまる消えるってどういうことでしょか?

私はとにかくもう今回はこのかたまった画面に書いている文章が消滅するのを避けたいわけで、この文章を書くことに私は1時間以上を費やしたわけで、今このエラーに書いている通りページを読み込み直すと、過去の経験から言って多分この文章は丸々消えるわけで、そしたらこの私の1時間はまたパーなわけで、それをどうやったら回避できるのかをききたい。

と言ったら、今同じ現象を彼女のところで再現できないのでわかりかねる、といわれた。

そして、次からは念のため下書きに一旦手動で保存してから書いたらいいのではないでしょうか?とかこれからのことをいろいろ言われ、おまけに、なぜ1度目に消えてしまったときにすぐカスタマーセンターに報告しなかったのですかと過去のことも言われ、少し話がズレてる気がして、落ち着いて話してた私もちょっとイラっとした。

今書いた文章が消えない方法を私はきいているのに。


自動読み込み機能をONにしているので、下書きに保存しなくても大丈夫とおもっていたのですが、、その機能がきのうしてないということでしょうか?ときくと、本来なら下書きには手動で保存しなくても自動読み込み機能で数秒毎に文章が保存されていくので、丸々消えることはない、とのこと。


そしたら、今回4度目の正直で指示通り再読み込みすると、書きかけの文章にもどれるかもしれませんか?ときくと、今まで3回とも消えたのであれば消える可能性が高いです。

と言われた。

わけがわからなくなり「私はどうすればいいのでしょうか?」ときくと、「指示通り再読み込みのボタンを押してもらうしかないです」と。

まあこの状況で企業のいちオペレーターという彼女の立場だったらそう答えるしかないのだろうなと思ったので、もうこの時点で私はいろいろ諦めた。

ただ、こんなことになるのは私だけなのか?他にも同じような相談があったりしないのか?ということは知りたいというと、では確認してメールで返答します。

とのことで電話は終了。


そして指示通り再読み込みすると、やっぱり「クリスマスは、12月は大変、、」の文章もきれいさっぱり消え去った。

多分、これも書かんでよろしいということだったのだろう。


後日メールで返信がきたけど内容は、こちらでは同じ現象は確認できませんでした。というような電話の返答と同じようなものだった。

4回も文章が消えたのは私だけということなのか。

もうこれからは、まずはタイトルを描いて一旦「下書き」に手動で保存してから書く。

ということを肝に銘じた。


そしてやっと書けた、この文章。

ほんとうにどうでもいい内容。

2時間近く書いている。

今は深夜の2時。



12月生まれのひと。

最新記事

すべて表示

自業自得